弊社主催・ライター講座 第1期終了しました!

弊社主催のライター講座の第1期が終了いたしました。
受講生のみなさん、おつかれさまでした!

4時間におよぶ講座と、毎度毎度の課題。お仕事や学業との両立は、大変だったのではないかと思います。
しかし…、
ライターになるべく脳に汗をかいた分、確実に力を高めていらっしゃいました。
事務局メンバーは、受講生のみなさんの力量アップに密かに感動すらしていました。



これまでは、ライターは勘と経験と才能が物言う業界とされてきました。
もちろん、
最前線で活躍するライターさんを目標とする気持ちや、
敏腕ライターさんのやり方を真似ることは非常に有効です。

私自身、そうした講座にいくつも参加をして、力を高めていきました。
しかし、講義形式で経験談やノウハウを聞くだけでは、出口(講座終了)の部分での
力量のバラツキが大きい。

どうしたら、「この講座を修了すると、ライターとして独立して仕事ができる」というレベルにまで
力を高められるのか…?
そんな思いから、本講座設計の際に活用したのが、
「インストラクショナルデザイン」という、研修設計、人材設計の考え方でした。

インストラクショナルデザインの中でも私たちが取り入れた考え方は・・・

●出口(目標)を明確化して、到達度を段階的に検証する。
●限られた講座時間を有効に活用するために、反転学習や協働学習の手法を適宜取り入れる。
●現場に根ざした力をつけるために、OJTなど職場でのトレーニングも重視。

本講座では、こうした手法を使い、着実にライターとしての力を高めました。
その上で、意欲を喚起したりリスクへの意識を高めたりするために、講師の経験談を交えていきました。

現在、受講生の方にインターンのような形で、実際のライター業務を体感してもっています。
これまでの講座では考えにくかった、”生”の仕事を体感できる講座設計は特徴的かと思います。

講座の中でライターとしてのスキルとマインドを習得し、
さらに現場実習で対応力を養えれば、ライターとして確実な力を備えていくことができます。

第2期に向けて、事務局一同手応えを感じています!

第2期は、6月開講予定です。
ご興味のある方は、弊社の問合せフォームからご連絡ください。

インストラクショナルデザインについて学ばれたい方はこちら
『魔法の人材教育』(幻冬舎)
https://www.amazon.co.jp/dp/4344912179

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA