大学リーダーシップ研究会発足記念 & 『今選ぶなら、地方小規模私立大学!〜偏差値による進路選択からの脱却〜』出版記念パーティー 開催レポート

『今選ぶなら、地方小規模私立大学!〜偏差値による進路選択からの脱却〜』の編著・報告者である
共愛学園前橋国際大学 学長 大森昭生先生
河合文化教育研究所 研究員 成田秀夫先生
北陸大学 経済経営学部学部長 山本啓一先生
日本文理大学 学長室長 吉村充功先生
によって開催された、本パーティー。

開会の挨拶として、成田秀夫先生に大学リーダーシップ研究会が発足の背景、そして、出版への思いをお話いただきました。参加者のみなさんへ、研究会をともに盛り上げていきましょうとお伝えし、開会の宣言としました。

その後、立教大学経営学部教授中原淳先生のビデオメッセージを放映。中原先生には、『今選ぶなら、地方小規模私立大学!〜偏差値による進路選択からの脱却〜』に特別対談をお願いし、帯にコメントをいただきました。


特に印象に残ったのは、「これまで大学に経営という概念はあったのか?」という投げかけです。大学としてどうあるべきか、そのビジョンに向かってどのように舵を切っていったらいいか、そして、それを実現するためにはどのような組織が必要か……大学経営では考えるべきことが数多ある。しかし、これまで大学経営の研究は財務の観点からしかなされてこなかったと振り返っていました。

そして、大学リーダーシップ研究会によって大学組織を再構築する機運が生まれたことと、適正規模で経営をするという発想に則った『今選ぶなら、地方小規模私立大学!〜偏差値による進路選択からの脱却〜』出版へお祝いと励ましのコメントをいただきました。

続いて、特別講演「大学を活性化するリーダーのあり方」吉武博通先生に、お話しを聞きました。

大学にふさわしいガバナンスとマネジメントの確立について、大学時代においてどのような力を育てたらよいのか、そして、大学における組織変革と組織開発についてなど盛りだくさんなご講演となりました。

特に印象に残ったのは、大学改革において重要なことは「車窓の景色を変えていくこと」という言葉です。改革のために行動することにより、どのように学生たちや大学の様子が変わっていくのかを教職員に見せていくことが重要だと伝えていただきました。

吉武先生のお話しを受けて、『今選ぶなら、地方小規模私立大学!〜偏差値による進路選択からの脱却〜』の編著報告者4名の共愛学園前橋国際大学 学長 大森昭生先生、河合文化教育研究所 研究員 成田秀夫先生、北陸大学 経済経営学部学部長 山本啓一先生、日本文理大学 教育推進センター長 吉村充功先生にご登壇いただき、トークセッションをスタート。

各大学の状況をお話いただいた上で、

・取り組みの経緯・背景
・どのように文化として定着していったのか
・これからのビジョンと課題

などについてお話しをいただきました。

多くの大学が課題に感じながら、その解決に踏み出せていないという現状があります。参加した大学関係者の方々にとっては、共愛学園前橋国際大学、北陸大学、日本文理大学が抱えていた課題に共感しながら、明日への実践の一歩につながる契機となったのではないでしょうか。

第二部の懇親会では、大学関係者の方々が交流をしながら情報交換が活発に行われました。手作りの食事に舌鼓を打ちながら、多くの方々に教育への熱い思いをお話いただきました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

◆◆2020年教育改革の波に乗る、教育関係者・保護者の必読書◆◆

『今選ぶなら、地方小規模私立大学!〜偏差値による進路選択からの脱却〜』

編著・報告者
共愛学園前橋国際大学 学長 大森昭生
河合文化教育研究所 研究員 成田秀夫
北陸大学 経済経営学部学部長 山本啓一
日本文理大学 学長室長 吉村充功
日本文理大学 人間力育成センター長 高見大介

(10月19日発売予定)
https://www.amazon.co.jp/dp/4990992814/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA